にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
↑キャンピングカーオーナーの楽しい話満載!キャンパーブログリンク集!

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その9

レンタルキャンピングカーでの北海道の旅、最終日の最後

レンタルキャンピングカー返却の約束は旭川空港18:00です。
車内の掃除や点検、荷物の発送などもろもろあるので
1時間前には、空港に到着しました。

その前に、レンタカーを返却するには、燃料満タン返しですので
ちょっと町まで行って、給油です。

レンタルしたキャンピングカーの中に、地図や、北海道の観光ガイド
などがあったのですが、その中で重宝したのが最新の地図でした。

良く見ると、ホクレン(北海道の農協?)のスタンドのことが書いて
あります。

これは、もしかするとホクレンで給油するともらえるのか?!


ということで、ホクレンのスタンドへ行ってみました。

給油中にスタンドの窓にその地図のポスターが張ってあり、
プレゼント中と書いてありました。

お店の人に何気なく聞くと。。。。

スタンプカードを作って、給油のたびにスタンプを押してもらい、
それがある程度たまると、地図がもらえるとか。

残念!もっと早く気がつけばよかった。よりによって、最後の給油に
気がつくとは。。。。。


さて、空港に戻り、荷物(着替えなど)を宅配便で自宅に送る手配
をしました。
飛行機利用者には、宅配サービスが安くあるというので聞いて見ましたが、
一人1個までで、1個が15Kgまで、という制限に引っかかり、結局
空港のサービスカウンターで、別途申し込みました。

車内を軽く掃除し、忘れ物が無いか、点検していると、レンタルキャンピングカー店の方がやってきました。

もろもろ今回の旅の話などをして、車内の点検、キーを返却しました。


一つだけ、ダイニングの出入り口のドアの取っ手を破損してしまったのですが、特に弁償の必要は無く、ホットしました。
ベガ.jpg
今回お世話になった、バンテックのベガです。




さて、飛行機は東京行き最終便です。

まだちょっと時間があるので、軽く夕食にラーメンを食べて
お土産屋など空港内をうろうろしました。

夕日が綺麗だったので、展望デッキに50円払って出てみました。
旭川空港の夕日.jpg

しかし、ここで緊急事態発生です。
関東地方が雷で、飛行機が羽田を出発できないらしいです。

東京来た飛行機が折り返し、羽田行きになるので、飛行機が来ないと
欠航ということになります。

カウンターで聞いてみると、旭川市内に乗客人数分の宿泊ホテルが
確保できないようなので、飛行機が来るまで待つことになりそうだ
ということです。

宿泊費は航空会社では、保証してくれませんが、そういうシステム
らしいのです。

で、結局2時間30分くらいの遅れになりました。

羽田にもどったのが、深夜0:30くらい。
電車で帰る人は、もう電車もありません。

航空会社が、臨時で、池袋や横浜、千葉方面の無料バスを手配しました。

また、こういう場合、初めてなのですが、無料バスを利用しない乗客には、一人当たり、3000円の交通費が現金で支給されました。
いつも、こうなのかは、わかりませんが、航空会社もお天気相手の
商売なので、大変ですね。

というわけで、夜中に自宅に無事戻り、我が家の北海道レンタルキャンピングカーの旅2008も無事終了、ということになりました。


キャンピングカーが欲しくて、いろいろ情報を集めたりしましたが、
やっぱり一度体験することが大事ですね。

今回、レンタルキャンピングカーでたった3泊4日ですが、キャンプを
体験して、細かい部分で、必要なもの、必要でないものなど
具体的にわかった部分がたくさんあります。

実際キャンピングカー購入の際に、参考にしようと思います。


人気blogランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その8

最終日のつづき

富良野は今まで北海道では、必ず立ち寄っています。

今回は、立ち寄るつもりが無かったのですが、時間がとれそうなので
どこかへ行こうということになりました。

まずは、お昼ご飯ということで、有名な郷土料理の店「くまげら」へ。
久しぶりにきたら、大きい駐車場が用意されていて、商売繁盛しているようです。

080821_120837.jpg

ここは、冬であれば、山賊なべというミルクベースのなべがおいしいんです。

今回は、カツ定食にしました。

また、このお店のご主人は、テレビドラマ「北の国から」の原作者である、倉本総氏と親交が深いようで、店内には、ドラマのポスター、関連書籍などがたくさんありました。

何を隠そう、家では、「北の国から」の大ファンですので、
この店には、何回か来たことがあります。

さて、大駐車場にとめてあった、キャンピングカーに再び乗り込み
次を目指します。

次は、新富良野プリンスホテルへ行きます。

次回、倉本氏の連続ドラマ「風のガーデン」がフジテレビ系で
この秋スタートしますが、このドラマに出てくる「ガーデン」
(花畑)がどうやらそっち方面らしいのです。
詳しくは、わかりませんがプリンスホテルには、ゴルフ場跡地に
花をたくさん植えた、花畑があるというので、そちらに行って見ました。

カートで回るようになってます。
カートをレンタルしたのですが、これが結構運転が難しいです。

まず、ブレーキが良く効きません。(笑
強くかけると、急ブレーキになって滑ってしまいます。

かといって、下り坂はブレーキかけないと怖いです。
カート.jpg


途中に休憩スポットがあって、自由に車を止めて休めます。

お花畑.jpg

新しいドラマのロケは、この付近で行なわれたのでしょうか。
ドラマ「風のガーデン」の放送が楽しみです。


さて、そろそろ時間が迫ってきているので、最後の道の駅
美瑛を目指します。


びえい.jpg

美瑛の道の駅では、駐車場が狭く、20台くらいしかとめられません。
その中で、大型車用のスペースに、トラベルトレーラーが止まっていました。
ヘッド車は見当たりません。
おそらく置きっぱなしで、観光に出かけているんでしょう。

もし、そうだとしたら、大迷惑です!

こんなことは、やめましょう。


いよいよ旭川空港へ向かいます。
そこで、大変なことになることは、このときはまだわかりませんでした。


人気blogランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その7

第4日目(最終日)

道の駅の朝は、早いです。
そして北海道の朝は、8月というのに寒いです。

今回は、朝食はキャンピングカーのキッチンで作りました。
といっても簡単なものですが。

キャンピングカーのキッチンでも簡単なものならできます。
朝ごはんを作る.jpg

レンタルしたキャンピングカーのキッチンには、電子レンジも着いていました。
100V電源が取れるところに泊まらなかったので、
今回は、使用しませんでした。

でも電源が無いところでも、ちょっとなら使えるみたいです。
なぜなら、この車には、ソーラーシステムがついており、
走行充電以外にも、晴れていれば、サブバッテリーは常に満タンに
充電できるようになっているからです。

キャンピングカーの屋根に上って見ました。

ソーラーシステム.jpg

ちょっと写真が横になってわかりづらいですが、キャンピングカーの
屋根の上にあった、太陽電池パネルです。


さて、今日の朝ごはんです。

最終日の朝ごはん.jpg

今日は、夕方までに旭川に到着しなければならないので、まずは高速に乗り、富良野を目指します。

去年はこの高速道路があるのに気づかなかったので、十勝から富良野に出るのに国道を走り、狩勝峠を越えて、結構時間がかかりました。

今年は、道東道で終点のトマムICまで行きます。

トマムで窓を開けたら、日差しは強いですが、やはり寒いです。

国道へ抜ける道の途中で、キタキツネを見ました。

国道へ出て、道の駅南富良野を目指します。

南富良野道の駅の花畑.jpg

道の駅にある花畑には、ラベンダーの季節は、もう終わってしまったので、他の花が植えてありました。

ここでお土産を買います。
やはり、メロン、ジャガイモ、とうもろこしなどですね。

ここへよると、いつも食べるのが、ゆでとうきび。
生でも食べられるという、黄色い色のとうもろこしが、甘くてやわらかくておいしいです。


お土産を宅配で送る手配をして、富良野の町を目指します。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その6

第3日目の続きです。

明日は最終日なので、今日どこまで行くか悩みどころです。

明日の18:00に旭川空港でキャンピングカーを返却する予定なので、
道東道のIC付近で泊まれば、明日は楽です。

そこで、帯広、音更付近まで行くことにしました。

ところが、釧路から足寄方面に向かっていくのに、途中で道を
間違えてしまいました。

言い忘れていましたが、レンタルしたキャンピングカーには、
最新のHDDナビがついています。
ちょっと使い方がなんとなくわからないのですが、とても重宝しました。

そしてETCもついていましたので、自分のカードを持ってきて
使用しました。ETCがついていると、時間帯によっては割引料金に
なるので、便利です。


で、道を間違えたのですが、ナビもついているし、そのとおりに行けば
またもとの道に出るさ、なんて気楽に考えていました。

なんといっても大きいキャンピングカーで、Uターンがめんどくさかったのです。


ところがどんどん細い山道に入ってしまいました。

前にバスが走っていたので、大丈夫だろうと思っていたのですが、
そのバスは途中で終点らしく、前も後ろも車がいなくなりました。

ところどころ、農家がありますが、ほとんどが牧場と畑と山で
さびしいところです。

だんだん道が細くなってきました。


途中、広い畑に出たのですが、真ん中にぽつんと1頭の鹿が立っていました。


さて、そうこうしているうちに、何とか元の国道に出てホット一息。

道東道に入ることができました。


道東道は片側1車線のところがほとんどですが、たまに追い越しゾーンが現れて、快適に走ることができます。


音更ICで高速を降りました。
やはり割引料金です。ETCはお得です!

で、今日の宿泊の候補地である、道の駅音更に到着しました。
道の駅音更.jpg


思っていたよりも、駐車場も小さく、大きな国道に面しているので
車が通る音がうるさそうです。

でも、Pキャン予定らしい車が結構たくさん止まっています。
もう時間も遅いので、今夜はここに泊まることに決めました。

道の駅に中華のバイキングレストランがあったので、
そこで晩ご飯にしました。

道の駅の人に聞いたら、近くに十勝川温泉があり、約20分くらいで
いけるそうです。
でも、すぐ近くにも温泉があるということを聞いたので、そちらに
行ってみる事にしました。

ほんとに5分くらいの近くに日帰り入浴OKの温泉ホテルがありました。
道の駅とホテルの間は、以外と大きな町で、24時間営業のスタンドや
コンビニもありました。

コンビニで、ビールやジュースなどを買い、道の駅に戻りました。

今日はバンクベッドで寝ます。
バンクベッド.jpg

厚岸で買った、牡蠣の燻製をおつまみに、ビールを飲んで
気持ちよくなったところで、おやすみなさい。


人気blogランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その5

第3日目続き

厚岸から釧路を目指して、海岸沿いの道を進みます。

途中燃料がなくなりそうなので、ガソリンスタンドを探します。
コスモ・ザ・カードを持っているので、コスモのスタンドを探しました。

レンタルしたベガは、ディーゼルですので、燃料は軽油です。
スタンドに入ると、たいてい、給油口がわからないので
いちいち車を降りて、給油口をあけなければならないので、大変です。

車の右側(運転席側)の下のほうに、バスの荷物室のように開けるところ
があって、これをキーであけます。
このキーは、エンジンをかけるキーとは違うもので、これを探すのが
大変です。

キャンピングカーには、運転するためのキーのほかに、
後ろに乗り込むためのドアのキー、
給油口などをあけるためのキーがたくさんあります。

トイレ処理の部分、LPガス収納の部分、外部収納の部分、リアキャリア
の部分などなど、キーホルダーが予備も含めて3つもあるんです。

その中から、給油の部分のキーを捜し、さらに中に給油口は
もともと車の給油口ですから、エンジンと共通のキーです。


さて、燃料が満タンになったところで
釧路の町に到着しました。

釧路は大きい町です。

ここであらかじめ入手していた情報によると、あの「花畑牧場」の
直営店が釧路のスーパーの中にあるそうです。

前にネットで生キャラメルを買おうとしても売り切れで、買えなかったので、このスーパーに立ちよることにしました。

そして、見事に人数分の生キャラメルや、プリンなどをゲット。

080821_074508.jpg


道中、生キャラメルを食べながら、進みました。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その4

第3日目

開陽台の朝は真っ白で、冬のように寒かったです。
起きてみると、他にPキャンしている車が3台増えていました。

みんな普通の乗用車です。ほとんど札幌ナンバーのレンタカーです。

昨日の4台のバイクが3台になっていました。
ここは、展望台をあがって裏手が無料キャンプ場になっています。
オフロードバイクなら、キャンプサイトまでバイクでいけるんですが、
ハーレーのようなバイクなら、この駐車場においておくしかありません。

みんなこの寒い中、テントで寝れたんでしょうか。

ダイネット展開.jpg

ダイネットをこんな感じで、展開して寝ました。
かなり広いです。
大人二人は余裕で寝れます。


寒いのですが、我慢して駐車場のトイレに行きました。
もう掃除の係りの人が来ていて、おはようございます、と声を
かけられました。

朝ごはん.jpg

キャンピングカーのダイネットを元に戻して、朝食です。

さぁ、真っ白な霧の中出発です!


まずは、きりたっぷ岬を目指します。
まぁ、霧で何にも見えないでしょうか、平地におりると
だんだん雨も上がり、道路も乾燥してきています。
道が乾燥してくると、なぜかホットしますね。

そうこうしているうちに、きりたっぷに到着。

以外と霧はありませんでした。海も良く見えます。
しかし!寒い!寒い!
そして、やはり観光シーズンを過ぎた、早朝はさびしいです。

お店もやってません。
観光客もバイクの人がちらほらいるだけです。

トイレ休憩を済ませて、早々に出発。

次は、厚岸の道の駅を目指します。
海沿いの道が気持ちいいです。

快晴ならば、もっと最高なのに。。。。。


厚岸.jpg
道の駅、厚岸グルメパークに到着。
ここは、海の幸を自分で選んで購入し、そのまま炭火で
バーベキューを楽しみます。

前に来たときは、もう15年くらい前ですが、全然変わっていません。

ちょっと早いお昼にバーベキューを楽しみます。

厚岸バーベキュー.jpg


そして次は釧路を目指します。


人気blogランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その3

第2日目続き

知床峠を越えて、羅臼側に降りてくるとついに雨が降り出しました。

「まぁ、山だから、平地に降りれば大丈夫だろう」と
そこはお気楽に考えてゆっくり峠を下ります。

案の定、羅臼の町につく頃には、路面も乾き、曇り空ですが
雨は上がりました。

まずは、TVドラマ「北の国から2002遺言」で出てきた「純の番屋」が
再現されて食堂になっているということで、行ってみました。

場所は道の駅「羅臼」のすぐ向かい側です。

外観は番屋そのものですが、中は食堂です。
うにいくら丼を食べました。
他にも、幻の魚「鮭児」の定食など、海の幸が堪能できます。

そのまま道の駅へ。
スタンプを押してから、お土産にかにやうに、えびなどを
購入しました。


これから、野付半島を目指します。

途中からついに雨が降り出しました。

今日は仕方ないですね。


野付半島への道はすごいです。

道の両側が海!という風景が続きます。

雨なので、ドライブインのような建物で過ごします。

野付半島.jpg


もう本格的に雨なので、早々に今夜のPキャンの候補地である、
中標津の開陽台の展望台を目指します。

開陽台は思い出の場所です。
初めて訪れたのは、20数年前、バイクでした。
まだ展望台しかありませんでした。

今は、お土産ややレストラン、展示舘などがあります。


久しぶりに訪れましたが、バイクが4台止まっているだけで、人影が
ありません。

というか、雨が豪雨になっていて、こんな山の上でPキャンして大丈夫でしょうか。
寝てる間に土砂崩れなんかに巻き込まれないか、不安になってきました。

とりあえず、山を降りて、町にいき、食事と温泉を済ませて、
展望台の駐車場で夜を明かしました。

寝る準備.jpg

夜寝るときは、このようにフロントガラスには、目隠しをします。



人気blogランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その2

第2日目

旅に出ると、朝早起きになります。
道の駅で、4:30ごろに目が覚めました。

いや、寒さで目が覚めました。
心配していたお天気もよさそうです。


この道の駅(パパスランドさっつる)には、Pキャンの車が
他に1台。
あと、ちょっとした公園のようなスペースがあり、あずまやのような
建物があって、そこは、なんとブルーシートでまわりをカーテンのように
囲えるようになっていました。

そこに自転車の旅の若い人たちが数人、泊まったようでした。

トイレに行って、キャンピングカーのトイレの処理を初めてやってみました。

カセットトイレなので、簡単です。

カセットをはずして、トイレに流すだけです。
水道の水をちょっと入れて軽くすすぎます。

そして少し水を入れて、消毒薬?のような粉の薬品を一袋いれて
ハイ、終了。

一応、早朝の人目が無い時間帯に、トイレで処理した方がよさそうです。


車の中で、パンとスープなどの軽い朝食を済ませて、6:00ごろ出発します。

今日は、知床を目指します。

オシンコシンの滝.jpg
まずは、「オシンコシンの滝」へ到着。
朝早いせいか、他の観光客は誰もいません。

ここは、シーズン中、非常に込むので、看板の前で記念写真を取るのに
順番を待たなければ、なりません。

観光地は、早朝に訪問するに限ります。

帰る頃には、観光バスが1台到着して、ぎりぎりセーフでした。


そして、道の駅「ウトロしれとこ」でスタンプとトイレ休憩。

その後、知床横断道路に入ります。
まずは知床ネイチャーセンターに立ち寄ります。

ここは、知床五湖方面のバスの受付や、知床の自然情報(熊出没情報など)や、レストラン、売店などがあり、知床の観光のベースです。

ここから、遊歩道があり、片道約20分くらいで「フレペの滝」の
ビューポイントの展望台へいけます。

早速、フレペの滝へ森の中を歩いていきます。

途中、野生の鹿の群れに遭遇しました!
鹿.jpg
十数頭はいます。
こんなの初めてです!


そしてフレペの滝(別名乙女の涙)に到着。
フレペの滝1.jpg
展望台がありますが、小さい子供は、柵の間から頭が出てしまうので
要注意です!
柵から落ちると、そのまま深い崖に落ちていってしまいます。
※これは、マジです。
フレペの滝2.jpg


そして、知床横断道路の頂上、知床峠に到着しましたが、
霧で真っ白で、何も見えませんでした。

知床峠.jpg

人気blogランキングへ

北海道レンタルキャンピングカー旅2008その1

昨年に引き続き、今年も北海道へ行ってきました。
今回も、もちろんレンタルキャンピングカーです。

日程は、3泊4日。行き帰りとも旭川空港です。
レンタルした車は、バンテックのベガです。

年式は古いけど、バンテックの最上級車です。
中は広いし、馬力はあるしで、とてもよかったです。

第1日目

予定より15分遅れて9:30旭川空港着。気温24度。晴天で最高です。
飛行機から降りると、カラッとした気候でとても気持ちいいです。

到着ロビーにレンタル屋さんが迎えに来てくれました。
駐車場にとめてあるキャンピングカーで、一通りの説明を受け、
書類にサインし、利用料金を支払い、キーを受け取りました。

さぁ、今日から4日間はこの車は自分のものです。

10:30頃、旭川空港出発。明日、知床をじっくり見るために
今日は、斜里のあたりまでを目指します。

旭川のインターから高速道路に入ります。
高速というより、自動車専用道路でしょうか。

パーキングエリアがあるのに無料です。

途中の道の駅で、スタンプラリー台帳を購入。
道の駅に立ち寄り、スタンプを押します。

道の駅でお昼にラーメンを食べました。

16:00ごろ、サロマ湖に到着。

そのままひた走り、道の駅斜里に18:00頃着。

街中の小さい道の駅なので、車中泊はやめようということになり、
すぐ隣の物産館のレストランで、海鮮丼の晩御飯。

そのまま、清里温泉を目指します。

温泉旅館で日帰り入浴をした後、道の駅パパスランドさっつるを
目指して、真っ暗な中を走ります。

今日はさっつるが定休日でしたので、とまっている車は1台しかありません。

ここで、車中泊の準備をしました。
ベガはダイネットのベット展開が簡単です。

テーブルをはずして、台にして、その上にシートの背もたれをはずして
置くだけです。

バンクベットに子供と一緒に寝ました。

ベガは後ろに二段ベッドがありますが、上段は、エキストラ用といった感じで、寝てる間に子供が落っこちそうなので、下段だけ使用しました。

とても快適に眠ることができました。

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。